HOMEJARECについて>理事長挨拶
 
理事長挨拶

日本不動産カウンセラー協会は2015年11月に創設から26年を迎えました。

社会のニーズは複雑化・高度化し、高い実務能力と広い知見を備えた専門家が必要とされる時代が到来しており、このような社会経済情勢を踏まえ、ビジネスの現場に立脚した不動産カウンセラーのビジネスビジョン・戦略を明確化し、プロフェッショナル集団としてこれまで以上に社会の役に立てるように取り組んでまいりたいと考えております。本会においては、これまでも不動産に関わるさまざまなテーマに対して先進的な取り組みに努め、調査・研究・提言・研修・出版・資格認定などの諸活動を通じて多くのメッセージを社会に発信してきましたが、今まさにビジネスの現場において「本当に役に立つ専門家であるのか」との真価が問われていると感じております。

本会の専門家としての強みを明確に示すために、不動産カウンセリング業務を「まちづくり部門」「不動産開発部門」「不動産マネジメント部門」「個人資産アドバイザリー部門」「グローバル部門」の5つのビジネス部門に再編・確立して具体の実務において深化・拡充を図ってまいりたいと思います。

不動産カウンセリングビジネスの現場において、プロフェッショナル集団としてこれまで以上に社会的使命を果たしていく所存ですので、引き続き皆様のご理解・ご支援をお願い申し上げます。

 
ページ先頭へ
理事長 吉村真行