不動産カウンセラーになるには不動産カウンセラーとは不動産カウンセラーの主な業務平成26年度不動産カウンセラー認定研修
REC
 
HOME>不動産カウンセラーになるには>不動産カウンセラーとは
不動産カウンセラーとは
専門知識を提供するプロフェッショナル
 「不動産カウンセラー」とは不動産のカウンセリング全般に関する高度な専門知識と高い職業倫理を有する者に対して与えられる称号です。不動産カウンセラーの資格認定を申請した方について、NPO法人日本不動産カウンセラー協会(JAREC)が実施する一定の資格要件審査にパスし、資格認定研修の全課程を修了の後、口頭試験に合格した方にのみ与えられます。

本会は資格認定会員・個人賛助会員・法人賛助会員・一般会員、および不動産戦略アドバイザーから構成されますが、資格認定会員のみが「不動産カウンセラー」の称号を名乗ることができます。

資格取得後、一定の要件を満たすことによって、RICS(英国王立チャータード・サベイヤーズ協会)メンバーへのダイレクト入会が可能となります。

ページ先頭へ
不動産カウンセリングの主な定義

不動産カウンセリングとは「不動産に関する販売、賃貸、管理、プランニング、融資、鑑定評価、意見陳述、およびその他これらに類似したサービスといった、あらゆるビジネス局面のうちの一部あるいはすべての範囲を含む、不動産の多様な領域におけるさまざまな問題について、要求にかなった公平で偏らないアドバイス、専門的指導および適切な判断を行うことである。また、カウンセリングはこれらの機能の一部ないしすべてを発揮することを含む。」と広義に定義できます。

ページ先頭へ
不動産カウンセラーに必要とされる能力
  ・資産評価の分析 ・投資シナリオの設計
  ・リサーチの実施 ・関係当事者との交渉と仲裁
  ・経営実績の評価 ・取引における周辺整備など
  ・投資成果の予測 ・クライアントの行動を引き起こすための説得
  ・目的達成のための計画策定 ・開発プランの策定
  ・問題および機会の抽出と分析 ・専門的証言の提供
  ・市場調査 ・不動産サービス提供者の要請に基づく調査
ページ先頭へ
 
HOME不動産カウンセラーになるには>不動産カウンセラーの主な業務
不動産カウンセラーの主な業務
ページ先頭へ