HOMEインフォメーション・出版物案内・入会案内>不動産カウンセラリング実務必携
不動産カウンセリング実務必携 不動産カウンセリング実務必携の概要
定価6,300円(消費税、送料別途400円)  
 
■不動産の流動化・グローバル化、CRE・PRE戦略などに対応するために

世界的規模で社会・経済構造が激変しており、不動産市場のグローバル化が急速に伸展している状況下で、ビジネス環境も大きく変化しつつあり、公共においても民間においても内部のブレーンだけでは的確な戦略を策定することが難しくなっており、各種のカウンセリングをアウトソーシングするケースが急増しています。

こうした社会的要請に応えて不動産カウンセリング業務を的確に実践するためには高い専門性と複眼的視点を持って不動産の諸問題に取り組む必要性が高まっています。

本書は、最近の不動産市場の潮流を踏まえて、不動産カウンセリング業務にかかる知識・技術および業務の重要性などを広く啓蒙・普及するとともに、当該業務を実践する不動産カウンセラーおよび不動産カウンセラーを目指す専門家、並びに高度な専門性を有して不動産カウンセリングの成果を活用するユーザーの方々に役立つ、実務の解説および手引きとして発刊するものです。

ページ先頭へ
■主な内容<執筆者一覧(順不同・敬称略)>
 河野 擴(不動産カウンセラー・不動産鑑定士)・清水千弘(麗澤大学准教授)
 遠藤幸子(弁護士・税理士)・今井祐輔(竹中工務店大阪本店)
 兼森 孝(応用アール・エム・エス(株))・坂野且典(ERM日本(株))
 橋本真一((財)建設物価調査会)・中山 聡((株)IDU)・中城康彦(明海大学教授)
 信田直昭(信田商事(株))・伊庭良知((社)国土政策研究会)
 田邊信之(ジャパンエクセレントアセットマネジメント(株))
 倉橋 透(独協大学教授) ・窪田豊信(日本管財(株))
 中山善夫(ドイツ証券(株))・平川 茂(税理士) ・田村誠邦((株)アークブレイン)・吉田 靖(千葉商科大学大学院
 教授) ・石川 聡(日本土地建物(株))  佐野修久((株)日本政策投資銀行)・平田 明((株)IDU)
 國光範明(不動産鑑定士)・茂木 泰(不動産カウンセラー・不動産鑑定士)
 山本俊行(鹿島建設(株))・土渕昭男((財)建設物価調査会)
ページ先頭へ
■目次
・第1編 総論編
  第1章 不動産カウンセリング業務の社会的意義
  第2章 JARECの歩みと欧米の先進団体の概要
  第3章 不動産カウンセリングの業務内容、手順および報酬
  第4章 不動産カウンセラー等の役割とスキル
  第5章 不動産カウンセラー等が遵守すべき規律の倫理
  第6章 今後の業務戦略とビジネスモデルの方向性
・第2編 実務編
  序
  第1章 市場調査・デユーディリジェンス
   1  不動産市場分析の意義・手法及び分析事例
   2  不動産権利関係調査
   3  建物状況調査と建物環境リスク
   4  建物の地震リスクと評価
   5  土壌汚染地の調査・措置とバリューアップ
   6  建物のライフサイクル分析
  第2章 事業手法・評価・推進カウンセリング
   1  新規プロジェクトにかかるカウンセリング
   2  既存プロジェクトにかかるカウンセリング
   3  「PPPの考え方」および「PFI手法」導入にかかる事業スキーム
   4  不動産証券化・流動化にかかる事業スキーム
   5  都市再生、地域再生のカウンセリング
  第3章 不動産管理・活用・資産運用
   1  不動産の管理運営とリスクマネジメント
   2  収益不動産の投資分析
   3  企業再生と事業再生
   4  個人不動産の税務・会計
   5  不動産の有効活用方策
   6  ポートフォリオ・マネジメントの要点
  第4章 不動産カウンセリングの実務
   1  企業不動産(CRE)マネジメントの実務
   2  公的不動産(PRE)マネジメントの実務
   3  事業相続承継にかかるカウンセリング実務
   4  共同ビル事業のカウンセリング実務
   5  マンション建替え事業のカウンセリング実務
   6  コンバージョン事業のカウンセリング実務
   7  都市再生、地域再生のカウンセリング実務
   8  不動産ネットオークション支援業務の実務
   9  プロジェクト開発とプロジェクト・マネジメント
・第3編 資料編
   序
   1  建築工事費にかかる参考データ及び利用上の留意点
   2  不動産カウンセリング業務の実例テーマ一覧
ページ先頭へ
不動産カウンセリング実務必携の概要