JARECは不動産の専門家「不動産カウンセラー」「不動産戦略アドバイザー」を育成する、NPO法人です。

ENGLISH
2022 12/26
コラム
第1回オルタナティブデータの不動産活用に関する研究会の開催報告

2022/12/26

vol.21


 

第1回オルタナティブデータの不動産活用に関する研究会の開催報告

 


竹田 賢治
不動産戦略アドバイザー
日鉄興和不動産株式会社

日時:2022年12月12日(月)18:30~19:45
場所:WEB(Teams)開催
参加者:5名

(議題)
 〇日本オルタナティブデータ推進協議会(以降、JADAAという)について
  ・JARECとして、JADAA参画の報告         〔別添資料①参照〕
 ・JADAAのメンバーによる不動産等の連携事例の共有  〔別添資料②参照〕
  
 〇参考として、不動産テック研究会の資料を共有
  ・不動産テック研究会の活動報告(リポート)      [別添資料③参照]
 ・不動産テックカオスマップ(含む用語定義)       [別添資料④参照]
 ・不動産クラウドファンディングカオスマップ      [別添資料⑤参照]

①JADAAカオスマップ(JARECの立ち位置)

②_Review オルタナティブデータセミナー(配布用)

③不動産テック協会report_20211208

③-②不動産テック用語定義

④不動産テックchaos_map_20220808

⑤不動産クラウドファンディングchaosmap

1.本研究会における研究内容・方法について
  ・昨今、耳にすることが増えた「オルタナティブデータ」について、不動産との関係性や有効活用の可能性等につい
   て、不動産に携わるメンバー(※)にてFreeディスカッションを行う(4半期に1度程度のペースにて)。
  (※)JARECと交流のある方が多いがそれに限定されない
  ・不動産業界に関係する方々の様々な視点から、その価値判定や最有効利用の方法、開発における利用やその効用
   など、これまでに統計的に取られていなかったデータ(所謂、オルタナティブデータの一側面)の関与が想定される
   ものをリストアップし研究題材とする方法で、議論の題材を上げて行くことから始める。
  ・オルタナティブデータ推進協議会で捉えることのできているデータの種類・特性等について情報を収集する。
  ・不動産を視る観点(不動産テック、不動産鑑定士協会、デベロッパー、マーケット分析等)から、対象となるオルタ
   ナティブデータが活用・参考に出来るのではないか?
   また、このようなオルタナティブデータがあれば、この分野で活用できるのではないか?といった不動産業界ニーズ
   の側面からのアプローチも行っていきたい。
  ・研究会でのディスカッション内容については【メモランダム】の様に形式に囚われず記録。
   今後、展開可能なものを作成し、JAREC内での展開や、JADAAへの研究発表(有効活用への問いかけ)を
   行うこととしたい。

2.本日、取り上げられた「オルタナティブデータ」リスト
  ・人流データ         ・衛星データ(光量など)
  ・電話発信データ ・クレジットカード利用データ
  ・天候データ(太陽、気温、雨、風、雪など) ・自然災害の記録データ
  ・各種アンケートデータ(街の機能に関係するもの) ・Maas関連データ

 オルタナティブデータではないがWEB上での公開情報化が望ましいもの
  ・ハザードデータ ・地歴データ(含む等高線など)
  ・地質データ(含む土壌汚染)

当該リストをJADAAに展開することで、各研究機関やデータ保有会社等とのミーティング機会が
創出される可能性があり、その際は本研究会メンバーに参集をお願いする。

《連絡事項》
2023年1月31日にJADAAによる大型オンサイトイベントの案内があります。
参加希望の方は事務局までご連絡ください。   ※希望者多数の際には抽選とさせて頂きます。
jimukyoku@jarec.jp

JAREC facebookページへ
ページトップへ